お年を召したお肌には

お年を召したお肌には必ずと言っていいほどシミがあるものです。と言いながらも、どうにか改善したいと思ってしまうのが女心なのです。

シミを改善したくて私が試したことと言えばビタミンC誘導体を試すことから始めて、その次には、ハイドロキノンの導入を行いましたが、満足できる結果が得られず、現在、レチノールで落ち着いています。シミを消し去る最終手段としては、美容外科のレーザー治療に頼らざるを得ないのかもしれません。

お肌についてシミで悩まされている方は多いです。一般的にシミの原因として言われているのが、日焼けなどが元で、皮膚が赤っぽくなり、その後、変色し、そのまま色素沈着してしまったことによるものです。

ショックなことにニキビができた跡の赤みも残念ながら、シミの原因になってしまいます。UV対策をこまめに行ったり、保湿を念入りにするなどスキンケアに取り組むと、シミが増えていかない肌を作るのに効果的です。

あとは、食生活でシミ予防を意識することやサプリメントなどの力を借りて積極的にビタミンCを摂るのも自分でできるシミ対策として有効でしょう。密かな流行の品としてのスキンケア家電があります。

我が家で時間を気にすることもなく、フェイシャルコースをエステで経験する時にも似たスキンケアさえも望めるのですから、もちろん、皆の評判になりますよね。商品を手に入れたのだとしても煩わしさを感じて、使用頻度が落ちてしまうケースもあったりします。

少し買うことを取りやめておいて、継続して使うことが可能かどうかもあらかじめ確かめることが重要です。お肌のシミ防止には体の内部からの手入れも大事です。

美白に効果を発揮するというビタミンCは、イチゴ、レモン、パセリ、ブロッコリーなどにたくさん含まれているんですね。あと、お肌の保湿機能が低下するとシミになる可能性が高くなるので、積極的にコラーゲンたっぷりの、牛スジや豚骨、うなぎ、鶏皮などを食生活に取り入れてください。

それから、食生活によるシミ防止ももちろんなのですが、さまざまな栄養素を体に摂り入れることを考えるのもポイントです。肌に出来る小皺はなぜできるのでしょう。

色々ありますが、乾燥は誰にでも思い当たるところがあるのではないでしょうか。乾燥すると皮膚が薄く弱くなり、皮膚の常在菌のバランスが崩れて乾燥肌なら小ジワ、脂性肌の人にはヨレ(のちに大ジワ)として現れてきます。

気づかないうちに乾燥することもあるので、保湿ケアは怠ってはなりません。スプレータイプの化粧水は種類も豊富でいいですね。

ミニボトルなら外出先でも使えるのでときどき肌を潤してあげると、脂質と水分のバランスがとれて良いでしょう。また、フェイスパックやオイルマッサージなどで定期的に保湿ケアしてあげると良いでしょう。

ヒアロディープパッチ効果

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です